そもそもライブ配信とは?活用するメリット・デメリットを知ろう!

公開日:2022/01/01  最終更新日:2022/03/04


ライブ配信は「配信元年」とされる2017年より急速に成長し、人気のあるコンテンツとして伸び続けています。今や芸能人をはじめ、一般人でも定期的にライブ配信を行い、人気ライバーとして稼ぐ人が現れています。この記事では、そもそもライブ配信とは何か?そして、ライブ配信を活用するメリット・デメリットについて詳しくまとめています。

そもそもライブ配信とは?

その名が示すとおり、リアルタイムで映像を視聴者へ向けて配信するサービスです。テレビで例えるなら、生放送となります。2017年頃から急激に成長を始めたコンテンツで、YouTubeやニコニコ動画をはじめとした、さまざまなプラットフォームが用意されています。

■オンデマンド配信との違いは?

よく取り沙汰されるトピックですが、オンデマンド配信とライブ配信の最大の違いは「リアルタイムかそうでないか」という点です。あらかじめ作っておき編集した動画をアップロードし、視聴者が自分の好きなタイミングで視聴できるのがオンデマンド配信です。これに対し、まさに今リアルタイムで起きていることを配信するのがライブ配信の特徴です。

■相互性で番組を作り上げていくシーンも

ライブ配信の特徴の1つに、相互性で番組を作り上げていくシーンが挙げられます。具体的には、ライバーが行ったことや喋ったことに対し視聴者がコメント欄に書き込みを行い、それを見たライバーが反応して何かアクションを起こすことで番組を作り上げていくということです。

実際に個人が行っているライブ配信の番組を見ると「今日バイトで疲れて大変だった」など他愛のない雑談をしている動画も多いのですが、互いにコミュニケーションできることやライバーの親しみやすい人柄に惹かれて多くの視聴者が集まっている側面もあります。

ライブ配信を始めるメリット・デメリット

では、次にライブ配信を始めるメリット・デメリットについて、見ていきましょう。

メリット1.大幅なコスト削減ができる

何か番組を作ったりイベントを開いたりしようと思った時、リアルで開催する場合は必ずコストが発生します。たとえば音楽ライブならチケットノルマが、そして会社のイベントなら会議室を借りるレンタル費用など、大規模なものほど支出が大きくなるでしょう。

しかし、ライブ配信ならパソコンまたはスマホと音声を届ける機材さえあれば、その場で番組やイベントを開くことができます。そのため、大幅なコスト削減が実現可能です。

メリット2.視聴者と密接な人間関係を作れる

ライブ配信のメリットの1つが、リアルタイムで視聴者とコミュニケーションを取れることです。たとえば、視聴者が何か疑問を持った場合も、その場で質問して解決できます。

また、視聴者がコメント欄に書き込んだ内容に発信者が反応することで「コミュニケーションが取れている」という実感や喜びにつながるため、発信者と視聴者の間に密接な人間関係を作ることができます。結果として、ファンや顧客を増やすことができるのです。

デメリット1.後から編集ができない

ライブ配信はテレビの生放送と同じで、リアルタイムで情報が流れていきます。その場で発信した情報がそのまま視聴者に届くため、後から編集できません。つまり、本来まだ発信してはいけない未発表サービスをつい喋ってしまうなど情報漏洩があっても、取り消すことができないのです。また、不適切な発言がきっかけで炎上を起こすリスクもあります。

デメリット2.ボタン1つで離脱してしまう

ライブ配信のもう1つのデメリットは、視聴者がボタン1つで離脱できることです。リアルで会場にいる場合は、多少退屈でも人目が気になるもしくは「交通費などコストをかけているのだから」という気持ちから、最後までその場に留まってくれる人が多いでしょう。

しかし、ライブ配信は自分の部屋で視聴することが多いので、人目を気にする必要がないし参加にコストもかかりません。そのため視聴者が退屈だと思ったら、ボタン1つで離脱してしまうリスクがあります。そして当然ですが、離脱した視聴者はもう戻ってきません。

ライブ配信の主な活用シーン

では、実際にライブ配信は主にどのようなシーンで活用されているのでしょうか?

■ライバーによる交流イベント

ライブ配信を行う人のことを、ライバーといいます。そして、アーティストによる音楽イベントやインフルエンサーによる交流イベントなど、動画配信プラットフォームを用いてライブ配信が行われることがあります。配信を行う人と直接交流もできるため、オンラインでも参加者全員で一体となり盛り上がれるのが特徴です。

■企業セミナーや研修など

近年では新商品やサービスを発表するセミナー、外部から講師を招く研修や株主総会などを、オンラインで開催する企業が増えてきています。ライブ配信なら、全国どこからでもアクセスできるためより多くの顧客に情報を届けられること、そして研修でも講師に直接来てもらったり会場を借りたりする必要がないため、大幅なコスト削減になることが人気を集めています。

 

ライブ配信とは何か?そして、ライブ配信を活用するメリット・デメリットについて、まとめてきました。ライブ配信はまだまだ誕生して間もないコンテンツですが、視聴者とコミュニケーションが取れることや臨場感があることなどから人気を集め、今やライバーなどライブ配信に特化した求人も増えています。また、大幅なコスト削減になる点も見逃せません。メリット盛りだくさんのライブ配信を、一度試してみてはいかがでしょうか?

おすすめ関連記事

SEARCH

新着記事

「ウェビナーを開催したいけれども、何を準備すればよいのか分からない」「絶対に失敗したくないので、プロにお任せしたい」といったニーズを持っている人はいませんか?ウェビナーの配信代行会社は多くあ
続きを読む
新型コロナウイルスの流行がきっかけで、インターネットを使った新しい働き方が注目されるようになりました。ウェビナーも、そのひとつです。ウェビナーを上手に利用することで、これまで以上にビジネスチ
続きを読む
新型コロナウイルスの流行にともない、近年は会議や商談、セミナーなど、さまざまなビジネスがオンラインで行われるようになりました。株主総会もそのひとつです。遠方からも参加できるメリットがある一方
続きを読む