ヘッダー画像

【大阪府】おすすめのライブ配信代行会社5選

CapWorks
株式会社CapWorksの画像
おすすめポイント
規模に応じた最適なライブ配信サービスを提供
もっと詳しく
公式サイトはこちら
音動
株式会社 音動の画像
おすすめポイント
積み上げた豊富な実績と経験で配信をトータルサポート
もっと詳しく
公式サイトはこちら
ヴァンズ凸
株式会社 ヴァンズ凸の画像
おすすめポイント
豊富な実績でさまざまな要望に応える
もっと詳しく
公式サイトはこちら

大阪府でおすすめのライブ配信代行会社を紹介します!

ライブ配信をしたいけど、

・自社配信より外注の方がいいのかな?
・どこまでサポートしてくれるんだろう?
・何を基準に選ぶべき?

など、ライブ配信には悩みや疑問がたくさんありますよね。企業によってニーズは異なるので、「自社に適した代行会社」がわからないと思う方も多いかもしれません。そんな問題が解決するよう当サイトでは、ライブ配信代行会社のメリット、大阪府にある代行会社の選び方などを詳しくご紹介していきます。

また大阪府でおすすめのライブ配信サポート会社も厳選してご紹介していますので、ぜひご覧になってください。

大阪府のライブ配信代行会社!おすすめ比較表

CapWorks
株式会社CapWorksの画像
おすすめポイント
規模に応じた最適なライブ配信サービスを提供
料金例
基本料金\80,000~
※自動見積もりシミュレーションあり。
お問い合わせ電話番号
06-6606-9889
【受付時間】10:00~19:00
【定休日】日・木
会社情報
株式会社CapWorks
〒550-0014
大阪府大阪市西区北堀江1-6-5 大輪ビル6階B号
もっと詳しく
音動
株式会社 音動の画像
おすすめポイント
積み上げた豊富な実績と経験で配信をトータルサポート
料金例
■企業の講演会
16万円~
■Webセミナー
24万円~
■オープンキャンパス・オンライン授業
30万円~
お問い合わせ電話番号
メールフォームのみ
会社情報
株式会社音動
大阪府大阪市港区市岡元町2-8-18 ワールドビル3階・4階
もっと詳しく
ヴァンズ凸
株式会社 ヴァンズ凸の画像
おすすめポイント
豊富な実績でさまざまな要望に応える
料金例
未掲載
お問い合わせ電話番号
0120-86-3794
会社情報
株式会社ヴァンズ凸
〒541-0051
大阪府大阪市中央区備後町3-3-3サンビル4F
もっと詳しく
サムシングファン
株式会社サムシングファンの画像
おすすめポイント
ライブ配信に必要なすべてをトータルでサポート
料金例
■ベーシック4Hプラン
38万5,000円
■ベーシック8Hプラン
60万5,000円
■カスタムプラン
価格応相談
お問い合わせ電話番号
06-6455-3633
【受付時間】平日 10:00~19:00
会社情報
株式会社サムシングファン
【大阪オフィス(自社スタジオ・編集室)】
〒553-0003
大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4階
もっと詳しく
ビデオグラフィ
ビデオグラフィの画像
おすすめポイント
格安かつハイクオリティーな配信が可能
料金例
■VG LIVE 0 ZERO(有料動画配信)
0円
■VG LIVE ASSIST(個人向けライブ配信)
2万円~
■VG BUSINESS(小規模のビジネス講演会)
4万円~
■VG LIVE MULTI(小規模のセミナー)
5万円~
お問い合わせ電話番号
070-5266-7705/050-3131-7648
会社情報
住所:非公開
もっと詳しく

【大阪府】おすすめのライブ配信代行会社一覧!

株式会社CapWorksの画像1
規模に応じた最適なライブ配信サービスを提供

「株式会社CapWorks」は大阪でも特に実績が多く、大学や企業など様々な配信を手掛けている企業です。 配信中にテロップ・動画を差し込むことや、YouTubeで配信をしながらZOOMの画面を表示したり、PowerPointなどで作成した資料を表示するなどクライアントの要望に多様に対応してくれます。

また専門のスタッフが円滑な配信の進行のアドバイスや企画提案までトータルでサポートしてくれます。

お見積りはこちら
CapWorksの強み

リーズナブルな価格設定! WEB上で自動見積もりシミュレーションが便利!

株式会社CapWorksの基本情報

予算感80,000円~
設立年2016年
実績関西テレビ放送株式会社/株式会社MIZUNO/株式会社FM802 株式会社セレッソ大阪/株式会社メディアプルポ/株式会社ジーライオン
拠点〒550-0014 大阪府大阪市西区北堀江1丁目6-5 Dairin BLDG 6階B号
MAP
電話番号06-6606-9889
配信方法YouTube・ZOOMなど希望のものに対応
株式会社 音動の画像1
積み上げた豊富な実績と経験で配信をトータルサポート

東京都・大阪府を拠点に豊富な実績と経験をもつ「株式会社音動」は、企業・店舗の配信をトータルサポートしているライブ配信サポート会社です。高品質な配信サービスはもちろん、企画提案・集客・リリース後の運用までトータルプロデュースしてくれるでしょう。

さまざまなニーズや規模に応じたイベントを提供するだけでなく、自社での配信を希望する方々への支援も行っています。

お見積りはこちら
音動の強み

自社配信の支援も実施! 配信のノウハウを知りたい方におすすめ!

株式会社音動の基本情報

予算感要相談
設立年2011年
実績株式会社one visa オンライン発表会/烏丸ストロークロックオンライン舞台公演 株式会社i-plug入社式/上田安子服飾専門学校卒業式・入学式 Plug and Play Japan株式会社ハイブリッド発表会
拠点〒552-0002 大阪府大阪市港区市岡元町2丁目8-18 ワールドビル3F
MAP
電話番号0120-059-917
配信方法YouTubeをはじめ用途に応じた配信方法に対応
株式会社 ヴァンズ凸の画像1
豊富な実績でさまざまな要望に応える

「株式会社ヴァンズ凸」では、高品質カメラやマイク、各種設定にネット回線の手配など、ライブ配信に必要なすべての作業を代行しているサポート会社です。なおライブ配信に際して、場所や配信内容、カメラ内容などをしっかり打ち合わせをしたあとで見積もりを提示してくれるでしょう。

またライブ配信以外にも、CMなどの映像制作やムービー撮影、イベントの企画・運営など、ありとあらゆる映像制作が可能です。

お見積りはこちら
ヴァンズ凸の強み

実績豊富なところにおまかせしたい方におすすめ!

株式会社ヴァンズ凸の基本情報

予算感要お問い合わせ
設立年1960年
実績鴻池組/フェリシモ/株式会社ナガセケムテック
拠点〒541-0051 大阪府大阪市中央区備後町3丁目-3-3
MAP
電話番号06-6267-3794
配信方法YouTubeLive・ニコニコ生放送・SHOWROOM・Instagram・LINEライブ・ZOOM、Teamsなど
株式会社サムシングファンの画像1
ライブ配信に必要なすべてをトータルでサポート

「株式会社サムシングファン」は動画の戦略的活用提案から制作、ライブ配信を行っているプロフェッショナルです。顧客のニーズにあわせて、小規模~大規模までイベント中継をサポートしており、自分たちだからこそできるサービスを提案してくれるでしょう。

配信だけの依頼はもちろん、企画から撮影まで専門スタッフが対応することももちろん可能です。ドローンも駆使し、手軽に空撮ができるようにもなっています。

お見積りはこちら
サムシングファンの強み

空撮にも対応! ドローンでダイナミックな映像を撮りたい方におすすめ!

株式会社サムシングファンの基本情報

予算感385,000円~
設立年2003年
実績大阪府海外ビジネスWebセミナー YouTube生配信
拠点〒553-0003 大阪府大阪市福島区福島1-4-40 JBSL梅田ビル 4F
MAP
電話番号06-6455-3633
配信方法要相談
ビデオグラフィの画像1
格安かつハイクオリティーな配信が可能

講演会やセミナーをはじめ、音楽ライブや演劇、運動会に卒業式など「ビデオグラフィ」では多岐にわたるイベントの配信を格安かつハイクオリティで撮影しています。関西をはじめ、名古屋や東京への出張撮影も行っており、また視聴者は日本だけでなく世界中を対象にしています。

メイン機種は安心安全のSONY製業務用ハイビジョンカメラなので、高品質な画質のライブ配信となるでしょう。

お見積りはこちら
ビデオグラフィの強み

SONY製で撮影! 安心安全の機材でハイビジョン撮影を希望する方におすすめ!

ビデオグラフィの基本情報

予算感200,000円~
設立年不明
実績商品・サービス紹介動画、プロモーション動画、イベント・記念動画など
拠点※非公開
電話番号070-5266-7705/050-3131-7648
配信方法YouTube Live、アマゾンウェブサービス、IBM Cloud Video、ペリスコープ、Twitch、LiveStream、Facebook Live、ニコニコ動画、LINE Live、Vimeo Liveなど

その他:ライブ配信代行会社一覧

株式会社タケナカの口コミや評判
株式会社タケナカは大阪、京都、名古屋、東京に事業所を構え、ライブ配信を含むイベント開催のトータルサポートを行う企業です。昭和元年創業の歴史ある企業で、愛地球博や大阪万博博覧会といった大型イベントでの実績もあります。映像・音楽機器のレンタルやシステム開発、企画、運営、映像制作、ウェブ制作などをワンストップで任せることができます。やりとりをするのが一社だけになることで、プロジェクトの進捗が分かりやすくなり、進行がスムーズになるのがワンストップサービスのメリットです。
【予算感】
要問合せ
【設立年】
1958年
【実績】
オンラインイベント、リアルイベント、展示会出展、コンテンツ制作、機材レンタル・販売、イベント企画、コンサート音響、映像制作など
【拠点】
東京本社:〒136-0072 東京都江東区大島2-32-8 シンユニティ東京
東京市ヶ谷オフィス:〒102-0085 東京都千代田区六番町1-9 シンユニティ東京ラボ
大阪本社 / 管理部:〒552-0021 大阪府大阪市港区築港3-1-43 天保山シンユニティビル
名古屋支店:〒454-0034 愛知県名古屋市中川区五女子町2-25
京都営業所:〒612-8415 京都府京都市伏見区竹田中島町251
大阪上本町事業所:〒543-0002 大阪府大阪市天王寺区上汐4-5-5
【電話番号】
東京本社:03-5628-2891
東京市ヶ谷オフィス:03-6778-2860
大阪本社:06-7174-8989
名古屋支店:052-354-5559
京都営業所:075-647-3111
大阪上本町事業所:06-7174-8986
ネクシオン株式会社の口コミや評判
ネクシオン株式会社は大阪と東京に事業所を構え、映像配信を手がけている企業です。2000年に丸紅の関連会社として創業したネクシオン株式会社では、安定したイベントライブ配信提供を行っており、テレビ放送やネット配信もワンストップで対応できます。
【予算感】
要問合せ
【設立年】
2000年
【実績】
スポーツ中継、ライブ中継、選挙中継など
【拠点】
本社:〒160-0021 東京都新宿区歌舞伎町2-4-10 KDX東新宿ビル8階
大阪事務所:〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1-4-16 第二合田ビル3F
【電話番号】
代表:03-6757-1080
合同会社ロケッツの口コミや評判
ロケッツは、インターネットライブ配信・イベント中継に特化したライブプロダクションです。セミナーやシンポジウム、展示会等各種イベント、学校行事や発表会にいたるまで、さまざまなシーンで利用できます。コンサートやスポーツの中継などを任せることも可能ですよ!今回は合同会社ロケッツの特徴をお伝えいたします。
【予算感】
要問合せ
【設立年】
2012年
【実績】
インターネットライブ配信代行、インターネットライブ番組企画制作、各種映像伝送・中継業務など
【拠点】
〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-12-7 西本町木津ビル6F
【電話番号】
代表:06-6537-7532
株式会社動画制作所の口コミや評判
株式会社動画制作所は、その名の通りさまざまな動画の制作を請け負う会社です。結婚式や発表会の撮影から、編集にいたるまで、動画にまつわる多種多様な依頼に対応しています。ビデオの撮影や制作を実際に頼んだ人の70%以上がリピーターになっていることからも、信頼されているサービスであることが伺えますね。
【予算感】
64,000円~
【設立年】
記載なし
【実績】
コンサートやライブなどの中継配信、ビデオ制作、DVD撮影など
【拠点】
東京撮影事務所:〒101-0033 東京都千代田区神田岩本町1-1岩本町ビル95号
名古屋撮影事務所:〒467-0056 名古屋市瑞穂区白砂町3-24-1
大阪制作室(本店):〒581-0017 大阪府八尾市高美町3-1-46
【電話番号】
代表:0120-316-277
株式会社ワイドウィンドウズの口コミや評判
ワイドウィンドウズは、インターネットライブ配信・オンライン配信の代行サービスを提供しています。セミナーやコンサート、ピアノの発表会など、さまざまな目的のイベントの場でライブ配信をすることが可能です。大阪と東京を中心として、全国どこへでも出張対応が可能となっています。
【予算感】
要問合せ
【設立年】
平成10年
【実績】
スタジオ「Studio246 GROUP」運営、レーベル「WW RECORDS」運営、リハーサル&レコーディングスタジオの企画・開発・運営、ライブハウスの企画・運営、PA音響・機材レンタル事業、映像制作・動画制作・撮影・編集・企画事業、ライブ配信事業、映像・撮影・編集・企画事業、音楽制作全般、音楽コンサルタント、音楽著作権の管理、音楽著作物の利用の開発、コンパクトディスク、ミュージックテープ、ビデオなどの原盤の企画・製作 など
【拠点】
本社:〒530-0028 大阪市北区万歳町4-12 浪速ビル西館9F
【電話番号】
06-6313-9111
株式会社シードアシストの口コミや評判
シードアシストは、大阪を中心とした関西エリアで多数の実績を獲得している映像制作の会社です。人材採用動画や企業紹介動画、商品紹介動画など、さまざまなジャンルの映像を手がけています。これまでの制作実績の一部は公式ホームページにも掲載されているため、気になる方は確認をしてみてください。中には、誰もが知っているような有名企業の名前もあります。
【予算感】
要問合せ
【設立年】
1990年
【実績】
映像制作、音声制作、WEB制作、報道情報、タレント事業など
【拠点】
〒530-0044 大阪市北区東天満2丁目8番1号 若杉センタービル別館
【電話番号】
06-6354-8088
BALUE株式会社の口コミや評判
BALUEは、動画の制作やサイトのリニューアルなど、クライアントの幅広い課題を解決する制作会社です。その中の1つとして、ライブ配信の代行サービスも提供しています。BALUEのライブ配信サポートは、主に企業や団体によるビジネス系のイベントで多く利用されているとのことです。
【予算感】
60,000円~
【設立年】
2018年
【実績】
Webサイト制作、Web向け映像制作、印刷物デザイン、ライブ配信サポート、レンタルスタジオ、ロゴ・ノベルティ制作、イベント企画、PRコンサルティング、商品写真撮影など
【拠点】
大阪府大阪市北区浪花町1-19 新興ビル504
【電話番号】
06-6940-6761

ライブ配信代行会社とは…


企業向けの映像コンテンツは、インターネットの普及によって徐々にバリエーションに拡がりを見せてきました。特にコロナ禍以降は、 ZoomやMicrosoft Teamsなどの配信ツールを使用した「ライブ配信」の需要が伸びており、このサービスを提供するサポート会社も存在しています。

しかしライブ配信サポート会社とは、主にどんなサービスを提供しているのでしょう?

セミナー

ライブ配信を含むオンライン配信のセミナーは、ウェビナー(WEBセミナー)とも呼ばれています。セミナーの配信方法は、「リアルタイム配信」と「録画配信」があり、次のような違いが見られるでしょう。

リアルタイム配信

配信時間を決めたうえでリアルタイムに配信する方法で、参加者の反応をその場で把握することができます。参加者の日程調整をする必要はありますが、お互いに臨場感を共有できるでしょう。

録画配信

録画したデータを告知した日時に配信する録画配信は、スライド的な視覚効果のある動画を編集したうえで配信できるので、必要な情報だけで構成することができるという特徴があります。

社員総会

従来の社員総会は、ホテルや国際会議場などで開催されていました。しかしこれだと一か所に大人数が集まり、三密になることが懸念されます。そのためライブ配信による社員総会へ、一気に切り替わるようになりました。

オンライン社員総会は人数制限がなく、多くの人が参加可能です。そのため回避や準備にかかるコストを削減できるほか、会場までの交通費や時間の浪費もなくすことができるでしょう。

ライブイベント

演奏会や演劇などの各種イベントのライブ配信も、ライブ配信サポート会社で行っています。このようなイベントもコロナ禍に入ったことで、ライブ配信で視聴するニーズが高まるようになりました。

ライブイベントのプラットフォームの種類は非常に多くなっていますが、特に利用されているのはYouTube Liveになります。ほかにはニコニコ生放送やPeriscope、Instagram Liveといったものが、あとに続くでしょう。

研修

ライブ配信でも研修は行われており、研修を受ける人はネット環境があれば、どこでも研修を受けられるようになっています。もともとeラーニングで活用する企業もありましたが、コロナ禍以降は対面研修にかわってオンライン研修の需要が急速に伸びました。

なおオンライン研修は、「オンデマンド型」と「ライブ配信型」があります。

オンデマンド型

あらかじめ録画した動画コンテンツ、またはスライド型の教材を配信する形式の研修になります。録画になるのでコミュニケーションをとることはできませんが、受講者は好きなタイミングで何度でも研修を受けることができるため、予習・復習に有効なツールでしょう。

ライブ配信型

講師が講義を生配信するライブ配信型の研修は、自宅にいながらリアルタイムで研修が受けられるようになっています。決まった時間帯に参加することが必須ですが、質問やディスカッションなど、講師と受講者がコミュニケーションをとることが可能でしょう。

ライブ配信サポートは、近年になって爆発的に需要が伸びたサービスです。必要最低限なことをライブ配信でまかなえるのは、ユーザーにとってもはや欠かせない要素で、シェア率が拡大していることを踏まえると決して無視できないサービスといえるでしょう。

  • ライブ配信サポート会社のサービスは多岐に渡る
  • さまざまな目的の映像がライブ配信可能
  • 情報発信がライブ配信でほぼ叶えられる

ライブ配信にかかる費用相場は?外注する場合のポイントも見ておこう!

ライブ配信

感染症を防ぐ観点から、近年では多くの企業でライブ配信を活用し、集客の解決策を模索しています。リアルよりも臨場感は劣りますが、どこにいても気軽に参加できるので集客数アップのメリットがあります。しかし、費用が気になる方も多いことでしょう。そこで本記事では、費用や外注の際のポイントをご紹介します。

ライブ配信は無料からでも始められるがリスクを伴う

結論からいうと、ライブ配信は無料でも可能ではあります。しかし無料ゆえのデメリットもあるため、規模やクオリティなど、どのようなライブ配信を行いたいのかを考えて、それに合ったサービスを利用することが大切です。詳しく解説します。

初期費用ゼロで気軽に始められる

質にこだわらず、費用を下げたいという場合は、初期費用を一切かけずにライブ配信を始めることができます。方法としては、会社が既に所有しているスマホやPCでYouTubeライブなどの無料プラットフォームをしようしてWi-Fi経由で配信が可能です。

無料配信はデメリットもある

無料で行なえるのは企業にとってコスト削減にもなり、それで集客や売上が上がれば嬉しいですよね。しかし、無料配信では、クオリティの高い配信をすることが難しいのです。

例えば、プラットフォームの制限が大きく、40分という制限時間内であったり、システム要件が予告無しに変更されてしまう場合があります。

また、データ量が多くなってしまうと配信が突然落ちてしまうこともあります。視聴者に大きなストレスを与えてしまい、信頼やブランドイメージが傷ついてしまうため、こういったリスクを理解しておく必要があります。

自分でライブ配信をおこなう場合の費用相場

ライブ配信を始めるにあたって必要となる費用には、機材費なども含まれます。ここでは機材にかかる費用目安をお伝えします。

ライブ配信に必要な機材

ライブ配信の際に必要な機材は3つあります。まず1つ目は配信機材です。YouTubeやニコニコ動画などの配信プラットフォームを使用するのが一般的です。配信するためには、PCやスマホなどの撮影した映像や収録した音声を配信するための機材が必要です。

そして、2つ目は撮影機材です。スマホがあれば気軽に配信ができます。またWebカメラ掲載のPCがあればそちらを使用も可能です。

そして3つ目が音声機材です。ライブ配信にはマイクやミキサーなどの音声機材が必要ですが、スマホやPC内蔵のマイクも活用できますので気軽に機材は揃えられますね。

価格の相場

ご自身で配信を行なう場合は、インターネット回線やWi-Fi、PCやスマホなどがあれば特に費用はかからずに配信が可能です。カメラのついてないPCを使用して配信する場合は、1万円程度でWebカメラを購入できるので準備しましょう。

ライブ配信を外注する場合の費用相場

なかには自分で配信をするのではなく、外注をしたいと考えている方もいるでしょう。

外注する際の費用はいくら?

ライブ配信を外注する際の費用相場は、最小限で6万6,000~17万5,000円ほどです。カメラを2台使用する際は17万5,000円以上かかるとみておきましょう。

ただ、参加者にもよりますが、100名を超える場合は、55万円以上かかる場合もあります。やはり大きなイベントでは、多くの機材、人件費、機材費がかかるため、高額になりがちと考えておきましょう。

ライブ配信の費用が決まる仕組み

費用が決まる要因のひとつに、配信時間が挙げられます。最低利用時間が定められている会社もありますが、依頼する会社の営業時間外に依頼をすると、追加料金がかかる場合があります。

また、機材の数やスタッフの人数、回線の手配、配信データの納品物、会場利用料など、かかる料金は多岐にわたります。

費用対効果について

費用をかけて魅力的なライブ配信をしたとしても、ビジネスにおいて成果を上げなければ意味がありません。ただ単にライブ配信をするのではなく、どのくらいのコストがかかり、集客数や具体的な売上アップ目標を期間とともにしっかりと立てていくことが大切です。

ライブ配信を外注する時に押さえておきたいポイント

ここではライブ配信を外注する際に、どういった点に注意するべきかをお伝えします。

目的に合ったサービスを選ぼう

ライブ配信を外注する場合は、サービスの内容が会社ごとに変わってきますので、必ず目的に合ったサービスを選ぶことが大切です。

例えば、社内研修など社内秘の内容をライブ配信する場合は、セキュリティが強化されているプラットフォームを利用できる会社を選びましょう。

ライブ配信会社の実績チェック

代行会社により、得意としている分野に違いがあります。会社の実績を必ずチェックして、同じような種類の配信実績が多い会社を選ぶと良いでしょう。

また、同業他社の配信実績の多い会社であればノウハウが蓄積されているので、同じような配信に慣れており安心です。

ライブ配信にかかる費用相場や、外注する場合のポイントについてご紹介しました。現場イベントに比べて、準備の多かったり、コストがかかったりする場合がありますが、それ以上にターゲット層を増やし集客や売上アップにつながるメリットは魅力です。会社として利益を生むためには、しっかりと代行業者に依頼をして、クオリティ面でも安心できるライブ配信をすることをおすすめします。また、その際は代行会社が対応可能なプラットフォームを必ず確認したうえで、いくつかの業者に相見積もりを出すとよいでしょう。価格と内容を吟味し、安心して任せられる業者を選んでください。

ライブ配信の参加中に感じたストレスとは?アンケートで聞いてみました!

ライブ配信サポート会社の利用を検討されている方の中には、自分達でできないか考えている方もいらっしゃるでしょう。そんな場合まず、ライブ配信でよくあるトラブルにはどのようなものがあるのか、把握しておくことが大事です。

そこで今回、一般の方に向けてアンケートを行い、ライブ配信中に感じたストレスについて質問してみました。

まずはじめに、ライブ配信やオンラインイベントに参加したことがある方の割合を調査しました。

アンケートの結果、「はい」が26%、「いいえ」が74%となりました。近年、オンライン配信が注目されているとはいえ、まだまだ参加したことがない方も少なくないようですね。しかしながら、これからライブ配信やオンラインイベントの需要は、ますます増えていくと予測されます。今のうちに、慣れ親しんでおくこともよいのではないでしょうか。

次に、「はい」と答えた方に向けてライブ配信に参加しているときに、不満やストレスを感じたことがあるのか質問してみました。

「映像がカクカクする」が圧倒的に多い回答でした。画面が重く、映像の動きが鈍くなっていると内容が頭に入りにくくなり、本当にストレスがたまりますよね!できる限りこのような状態にはなりたくないものです。

「特に問題はなかった」という選択肢にも票が集まっていますね。ライブ配信サポート会社を利用すると、本番で重大な問題が起きないように事前に調整してもらえるので、スムーズにイベントを行うことができます。特に問題はなかったと回答された方が参加したイベントは、ライブ配信サポート会社が運用しているものだったのかもしれませんね。

その他の意見としては、「音声が聞こえない」「画面が映らない」「こちらの音声が届かない」「パスなどうまく参照されず参加できない」などが挙げられますが、もはやライブ配信が成立しているとはいえない状態といっても過言ではないでしょう。しかしながら、このようなトラブルがあった時、すぐに自分達で不具合を改善できる会社はなかなかいないでしょう。はじめから、専門的な知識を持っているライブ配信サポート会社に依頼して、セッティングしてもらう方が安全です。

総合的に考えて、ライブ配信にはサポート会社を利用するのがおすすめです。トラブル対応だけでなく、配信スタッフ・機材・撮影場所の手配、ディレクションなど全てお任せすることができます。

また、プロが撮影するので質のよい映像を期待することができます。余計な手間や時間をかけずにオンラインイベントを導入したい方は、ぜひご検討ください。

次の見出しでは、ライブ配信サポート会社を利用するメリットについて、さらに詳しくお話していきます。

ライブ配信代行会社を利用するメリット


これからはライブ配信の時代だ! ということはわかっていても、実際には自分たちでやるのか、それともサポート会社を利用するのかで悩まれるかと思います。個人による配信は手軽にできますが、自社配信となると、実践しても問題ないのか不安を覚えるかもしれません。

ではライブ配信サポート会社を利用することには、実際どのようなメリットがあるのでしょう?

トラブル対応

自社でライブ配信を実践してみると通信回線が不調になって、たとえば映像が止まる・カクつく・音ズレが起こる、または機材が突然故障するといったトラブルが発生しがちです。このようなトラブルはライブエンコーダーのちまちまとした設定や、また機材同士の相性などを理解していなければ対処できません。

しかしライブ配信サポート会社を利用すると、配信に必要な機材構成やチューニングなど環境をキッチリ整えてくれるため、ライブエンコーダーをしっかり運用し、トラブルを未然に防げるよう対処してくれるでしょう。また現場経験が豊富なので、トラブルが起こったとしても原因をすぐに特定し、即座に対応にあたってくれます。

ほかにも撮影前にシミュレーションやリハーサルを行うため、本番でトラブルが起きないよう、しっかりセッティングしたうえで進行してくれるでしょう。

配信スタッフの手配

ライブ配信サポート会社では、配信にあたって必要な配信スタッフを手配してくれます。自社配信の場合だと必要な人材を確保できない場合もありますし、仮にそのような技術をもつ社員がいたとしても、配信の方をまかせてしまえば、本来の仕事がおろそかになってしまうでしょう。

またアマチュアが撮影してしまうと、カメラが固定されがちになって映像が単調なつまらないものになってしまいます。しかしサポート会社が撮影をすれば、複数のカメラやプロクオリティのカメラワークによって、見飽きない映像を撮ることができるでしょう。

またライブ配信は、事前に綿密な計画を立てなくてはなりません。イベントの進行管理や演出などの指示はもちろん、事前の段取りや配信時の指揮・監督といったディレクションに関してもおまかせできるので、スムーズにライブ配信を進行することができます。

さらに実際の配信では、映像信号や音声信号を切り替えたり、テロップやワイプ、効果音やBGMといった挿入も可能なので、より効果的な映像に仕上がるでしょう。

撮影場所の提供

配信にあたって、撮影に必要なスペースを確保する必要があります。しかし自社でその場所を用意するのは、かんたんなことではありませんよね。ライブ配信サポート会社では撮影スタジオを所有していたり、また撮影会場をセッティングすることも行っています。

配信に適した場所がわからなかったり、また利用したい場所の予約がなかなかとれないといった悩みがあれば、このように最適な場所をセッティングしてくれたら助かりますよね。

撮影場所がどこまで対応できるかは業者によって異なりますが、対応範囲が広ければ日本のどのエリアにも、撮影機材を運んで駆けつけてくれるでしょう。また配信場所を複数に分けることで、各所に配備されたスタッフが連携し、多拠点での同時中継を行なうこともできます。

撮影機材の貸し出し

ライブ配信サポート会社では、配信時にカメラやマイク、照明にモニターといった各種機材を用いて、ライブ配信をよりクオリティの高いものに仕上げてくれます。撮影機材はそろえる費用も高く、また扱いもむずかしいものです。

そして先述した映像・音声信号の切替や、テロップ・ワイプ、効果音・BGMの挿入のようなスイッチングやミキシングにも専用機材が必要で、ノウハウがなければ扱えません。

ちなみにインターネット回線は、ライブ配信においてもっとも必要不可欠なものになります。しかし臨時設営された会場でライブ配信するとなると、安定したネット環境をセッティングすることがむずかしくなるでしょう。そんな場合でもライブ配信サポート会社では、業務用の無線伝送装置を利用するなどして、通信回線の敷設も万全にしてくれます。

法人がライブ配信を実践する際、サポート会社が必要になるかどうか、ここまでの説明で明らかになったのではないでしょうか? ライブ配信は外注がおすすめ…というより、サポート会社なくして成功するのは非常にむずかしいといえるので、ぜひ利用すべきだといえます。

  • ライブ配信には人材・機材・環境が必要
  • ライブ配信はサポート会社に依頼しよう!

ライブ配信代行会社のサービス内容


いざライブ配信サポート会社を利用する際には、「ここまでやってくれたらうれしいんだけど…」という要望も生まれてくるものですよね。具体的にどんなサービスをしてくれるのかが気になるものです。では実際に、どんなサービスを提供しているのかをみていきましょう。

オンライン配信

ライブ配信サポート会社では、インターネットライブ配信やイベント中継などのオンライン配信を実施しています。たとえばセミナーや会社説明会、車内トレーニングに株主総会、決算説明会など、イベントによって規模もさまざまですが、それぞれに応じて最適なサービスを提供してくれるでしょう。配信に必要となる回線速度についても、あらかじめ確認して本番にそなえてくれます。

オンライン配信では場所を問わず多くの人が参加できるほか、双方向コミュニケーションがとれるため、視聴者と距離が近くなって関係を強くすることができるでしょう。

またオンライン配信をするためのイベントについて、企画の提案もしています。いま考えている企画の配信は実現できるか、何をすればオンライン配信ができるようになるのかなど、悩みがあれば解決へ導いてくれるでしょう。

動画撮影

ライブ配信サポート会社では撮影するにあたって、さまざまな撮影機材をセッティングしてクオリティを高めていきます。また要望にあわせてスタジオや会場を用意したり、ドローンによる空撮を提供している会社もあります。

なお撮影された動画はオンデマンドやライブ配信などがありますが、それぞれの撮影方法の違いは次のようになっています。

オンデマンド配信

オンデマンド配信は、研修動画やマニュアル動画といった社内向けの動画や、社外向けの商品PR動画に会社説明会のような採用コンテンツ動画といったラインナップが一般的です。すでに撮影された動画を編集・配信するものになります。

ライブ配信

ライブ配信は主に、社内行事や社員集会、商品発表会といったイベントを撮影し、リアルタイムで届けるものになっています。イベントや議事の進行をあらかじめチェックし、カメラの映像だけにするのか、登壇者とスライド映像の切替のタイミングはどうするかなど、カメラワークや演出のシナリオについて入念に決めていくものになります。

また生配信は撮影機材やライブエンコーダー、ネット回線などの環境準備をしなくてはなりません。

動画編集

オンデマンド配信の場合、あらかじめ撮影した動画コンテンツの完パケを準備することになります。完パケというのは不要なシーンをカットし、尺の調整や資料の差込、テロップにBGM、効果音といった編集を加えたもので、そのまま公開できるよう完成度を高めた動画コンテンツを指します。

一般的な編集ソフトだと完成度の高い動画にするのはむずかしいですが、プロは高機能な編集ソフトを駆使しているため、視聴者が見やすく見ごたえのある動画を作ることができるでしょう。

プロモーション支援

訴求力のある動画は、セールスプロモーション施策において有力な手段になります。ライブ配信サポート会社では企業やお店などの魅力が発信できるよう、動画を制作してプロモーション支援をしてくれます。

文字や画像だけではなかなか伝わらないことも、プロのスタッフたちが動画によって繊細に表現し、ブランディングに努めてより効果的なプロモーションをかたちにします。

またプラットフォームやターゲット、予算などでPR効果が発揮される表現方法は異なるため、さまざまな表現方法の中から視聴者に情報が伝わるよう、ヒアリングをしたうえで最適なプランを提案してくれます。

ライブ配信サポート会社では、ライブ配信運用にあたって撮影から配信まで、必要な工程のほとんどを代行しています。どの工程もプロの知見や技術がなければ難航してしまうので、一度相談してみるといいでしょう。

  • ライブ配信の工程の大部分をプロが代行している
  • 自前でやるのは大変なので相談してみよう

大阪府のライブ配信代行会社選びのポイント


世の中にはいろいろなライブ配信サポート会社がありますが、大阪府だけでもかなりのサービスがあることがわかります。ここでは何を基準に依頼すればいいのか、ポイントをまとめてご紹介させていただきますので、ぜひ参考にしてみてください。

配信実績

やはり配信実績が豊富にあるサポート会社だと、安心しておまかせすることができます。実績の詳細は、ホームページやカタログなどで過去の制作事例を確認できるはずなので、チェックしてみましょう。

また「こんな風にしたい」という動画がそこで見つかれば、制作にかかる期間やコスト、機材の算出がしやすくなるため、進行がスムーズになります。他社の動画でイメージに近いものがあれば、相談した段階で「これに近い作品はありますか? /作れますか? 」と聞いてみましょう。

なお、サイトや取り寄せたカタログで実績について確認できなかったとしても、実績が本当にないとは言い切れません。というのも秘密保持の理由から公開できない場合もあり、そのようなケースだと面談の際に見せてもらえることもあるためです。

編集技術

動画に編集を加える場合、そのための技術も必要不可欠でしょう。単純にかっこいい映像であるというだけでなく、目的の達成や課題解決ができるよう、映像クリエイターには幅広い知識や経験が欠かせません。

たとえば「CGを活かした動画にしたい」という場合は、CGに特化したサポート会社に依頼することで、クオリティの高いCG動画が制作できるでしょう。実写やアニメーション、企業向けに一般向けなど、ライブ配信サポート会社ごとに得意な技術やジャンルは異なります。そのため自分たちがどんな動画を配信したいのかをまず明確にし、その分野が得意なサポート会社をピックアップして比較しましょう。

またアニメ動画は、ふだん見ているアニメをクオリティの基準にしてしまいがちなので注意してください。たとえばテレビや映画で観るアニメの場合だと、制作費は数百万~数千万円かかってしまうため、かなりの予算が必要になってしまうでしょう。

しかしライブ配信サポート会社で制作しているアニメーション動画は主に、「モーショングラフィックス」というロゴやイラスト、文字や図形などに動きや音をつけたものになります。モーショングラフィックスの動画は、基本的に50万円以下で制作できるでしょう。

企画・提案力

ライブ配信サポート会社に相談する際、どれだけの企画・提案力があるかも確認してください。たとえば、どんなイメージの動画を作成したいのかを伝えて、かんたんなものでいいので構成案を作成してもらい、専門的な知見からさまざまな提案を受けることができるでしょう。

とはいえライブ配信がはじめてであれば、うまくイメージできなかったり、伝えることがむずかしかったりしますよね。そんな場合はサポート会社からストーリーや尺なども含めて、具体的にどのような内容にすべきか提案してもらいましょう。

企画・提案力を図るうえでは、ターゲットや配信するための目的などをヒアリングし、最適な構成案を考えてくれるサポート会社を選ぶようにしてください。

スタッフ対応

また、対応にあたる担当スタッフとの相性も重要でしょう。というのもライブ配信をするまでに担当スタッフとのやりとりが複数回あり、相性がよく信頼関係が築けないと、理想的な内容のライブ配信ができるかどうかに大きく関わってくるためです。

担当スタッフとして最適な対応かどうかは、レスポンスの早さや質問に対して的確なアドバイスをしてくれるか、という部分で判断するといいでしょう。

一見するとライブ配信サポート会社は、違いがわかりにくいかもしれません。しかしニーズという視点で見ると、それぞれ得意分野の実績が異なることがわかります。その違いをよりハッキリ知るためにも、サポート会社とコミュニケーションをとりながら、映像クリエイターのスキルもチェックするようにしましょう。

  • サイトなどで実績や得意分野を確認すること
  • 実際に面談して相性や実力を知ろう!

ライブ配信を成功させるなら、代行会社選びがカギ!

ただ映像を発信してくれるだけでなく、そのために必要な工程のほとんどをライブ配信サポート会社におまかせできることがわかりました。しかしサポート会社ごとに得意分野が異なっているため、自社のニーズにあったところを選ばなければなりません。

またライブ配信を独自に行なう場合、滞りなく進行するのは極めてむずかしいといえます。回線トラブルや機材トラブル、またヒューマンエラーが起こることも考えられますし、そのような事態が起こると、視聴者にも迷惑がかかってしまうでしょう。

ほかにも自社で行なうと、人手や時間などにリソースを割きすぎてしまいます。そのため、「そこに費やさなければ、あの仕事もこの仕事もできたのに! 」と後悔するのは明白でしょう。

以上からライブ配信は、プロの力を借りるのが賢明な判断であるといえます。ぜひ自社に最適なライブ配信プランを提供しているサポート会社を見つけて、新たなアプローチをはじめてみてください!

FAQ


はい。まずはスタッフに相談してください。


はい、可能です。配信の様子を収録し、オンデマンド配信などに活用できるようにイベント後に編集することも可能です。


はい、可能です。企画内容に合わせて機材セッティングも行ってくれるようです。


はい、スタッフに相談してください。適切な会場を提案してくれるでしょう。


はい、可能です。


企画内容によって変わりますが、2週間〜3ヶ月程度の期間が目安になるようです。

記事一覧

投稿日 2022.07.20
「ウェビナーを開催したいけれども、何を準備すればよいのか分からない」「絶対に失敗したくないので、プロにお任せしたい」といったニーズを持っている人はいませんか?ウェビナーの配信代行会社は多くあ
続きを読む
投稿日 2022.07.20
新型コロナウイルスの流行がきっかけで、インターネットを使った新しい働き方が注目されるようになりました。ウェビナーも、そのひとつです。ウェビナーを上手に利用することで、これまで以上にビジネスチ
続きを読む
投稿日 2022.07.20
新型コロナウイルスの流行にともない、近年は会議や商談、セミナーなど、さまざまなビジネスがオンラインで行われるようになりました。株主総会もそのひとつです。遠方からも参加できるメリットがある一方
続きを読む
投稿日 2022.07.15
新型コロナウィルスの影響で、近年、ライブ配信需要が急激に高まりました。しかし、ノウハウ不足が原因で、トラブルも増加しています。最大大手のライブ配信プラットフォームでもトラブルが起きています。
続きを読む
投稿日 2022.06.15
ビジネスとしてライブ配信を利用する際の課題としては、無料プラットフォームを活用する際のリスクが大きいということです。新型コロナウィルスの蔓延で各企業はオンライン形式でのイベントを開始しました
続きを読む
投稿日 2022.04.15
近年、ビジネスにライブ配信プラットフォームを活用する企業が増えてきました。ライブ配信プラットフォームにはさまざまなものがあり、「活用したいけれど、どれを選べばいいかわからない」という方も多い
続きを読む
投稿日 2022.03.15
近年では新商品発表会や研修、セミナーなどでライブ配信を行う企業が増えてきました。しかし、ライブ配信自体がまだ誕生して間もないサービスということもあり、トラブルの続出が報告されています。現場で
続きを読む
投稿日 2022.02.15
近年では通信環境さえ整っていれば、オンラインなど遠隔でほとんどのことが完結できるようになりました。それに伴い、社内でライブ配信を行う企業も増えてきています。この記事では、社内でライブ配信を行
続きを読む
投稿日 2022.01.15
最近では動画投稿サイトやSNSなどの発展に伴い、誰でも気軽にライブ配信できるようになりました。それに乗じて、会社説明会や入社式、新サービスおよび商品の発表など、ビジネスシーンでもライブ配信を
続きを読む
投稿日 2022.01.15
株式会社タケナカ 東京本社:〒136-0072 東京都江東区大島2-32-8 シンユニティ東京 TEL:03-5628-2891 大阪本社:〒552-0021 大阪府大阪市港区築港3-1-4
続きを読む
投稿日 2022.01.15
近年、日常的に動画を視聴する人が増え、新型コロナウイルスの流行も相まってライブ配信の需要はますます高まっています。ここではライブ配信の魅力、ライブ配信のデメリット、ライブ配信サポート会社の選
続きを読む
投稿日 2022.01.1
近年、注目を集めているライブ配信は、個人だけでなく企業や学校での活用事例も増えてきています。ここではライブ配信が気になっている、どのように活用できるのか興味があるという方の参考になる、ライブ
続きを読む
投稿日 2022.01.1
ライブ配信はリアルタイムで映像を届けるサービスで、オンデマンド配信は「あらかじめ撮影・編集した動画を配信用サーバーにアップロードしておく」というサービスです。ライブ配信が生放送なら、オンデマ
続きを読む
投稿日 2022.01.1
ネクシオン株式会社 住所(大阪事務所):〒530-0044 大阪府大阪市北区東天満1-4-16 第二合田ビル3F TEL:03-6757-1080(代表) HP内に問合せフォームあり ネクシ
続きを読む
投稿日 2022.01.1
ライブ配信は「配信元年」とされる2017年より急速に成長し、人気のあるコンテンツとして伸び続けています。今や芸能人をはじめ、一般人でも定期的にライブ配信を行い、人気ライバーとして稼ぐ人が現れ
続きを読む
投稿日 2021.12.15
最近は大規模なイベントから小規模のセミナーまで、ライブ配信で行うのが一般的となりました。しかし、急にオンラインで開催しなければいけないとなっても、何から着手すればいいのかわからない方も多いか
続きを読む
投稿日 2021.12.15
ライブ配信に興味を持つ方は増えてきていることでしょう。自分が配信側になることを考えているなら、気になるのはやっぱり収益化についてですよね。今回はそんな方に向けて、ライブ配信で収益化をする方法
続きを読む
投稿日 2021.12.15
オンラインが当たり前となった今の時代では、会社の説明会もインターネットを介して行うのがメジャーとなってきています。今回は、オンライン説明会について、種類やメリット・デメリットなどの解説をして
続きを読む
投稿日 2021.12.1
合同会社ロケッツ 住所:〒550-0005 大阪府大阪市西区西本町1-12-7 西本町木津ビル6F TEL:06-6537-7532 ライブ配信を検討する機会は、ここ数年で格段に増えたことで
続きを読む
投稿日 2021.12.1
株式会社 動画制作所 住所:大阪制作室(本店)〒581-0017 大阪府八尾市高美町3-1-46 TEL:0120-316-277/072-983-6128 受付時間:9:00~18:00
続きを読む
投稿日 2021.12.1
株式会社ワイドウィンドウズ 住所:〒530-0028 大阪市北区万歳町4-12 浪速ビル西館9F TEL:06-6313-9111 ライブ配信のサポートをお願いしようと思ったら、問題になるの
続きを読む
投稿日 2021.12.1
株式会社シードアシスト 住所:〒530-0044 大阪市北区東天満2丁目8番1号 若杉センタービル別館 TEL:06-6354-8088 ライブ配信のサポートサービスを提供する会社は、数多く
続きを読む
投稿日 2021.11.15
BALUE株式会社 住所:大阪府大阪市北区浪花町1-19 新興ビル504 TEL:06-6940-6761 ライブ配信について「興味はあるけど実際やるとなったら難しそう…」などと考えている方
続きを読む
SEARCH

新着記事

「ウェビナーを開催したいけれども、何を準備すればよいのか分からない」「絶対に失敗したくないので、プロにお任せしたい」といったニーズを持っている人はいませんか?ウェビナーの配信代行会社は多くあ
続きを読む
新型コロナウイルスの流行がきっかけで、インターネットを使った新しい働き方が注目されるようになりました。ウェビナーも、そのひとつです。ウェビナーを上手に利用することで、これまで以上にビジネスチ
続きを読む
新型コロナウイルスの流行にともない、近年は会議や商談、セミナーなど、さまざまなビジネスがオンラインで行われるようになりました。株主総会もそのひとつです。遠方からも参加できるメリットがある一方
続きを読む